Loading...

美しき町、京都で繰り広げられる、華やかな夏祭り

子供の頃、夜になるとお囃子の練習する音が聞こえてくると、夏の訪れを感じたように、祭はその土地の人にとって、季節を知らせてくれる大切なもの。

匂いや音が祭りの記憶として刻まれている。

日本三大祭りの一つ、「京都祇園祭」京都に生まれ育った人にとっては、「コンチキチン」というお囃子が夏の訪れを知らせてくれるのだろう。

祇園祭の始まりは869年と歴史が古く、7月1日の吉符入りに始まり、 宵山、山鉾巡行、神幸祭、花傘巡行等の諸祭行事を経て7月31日の疫神社夏越祭で終わる。

京都の風情ある美しい街並みが、祭りの色に染まり、より一層華やかになる、夏の一ヶ月。

時代を超えて続くこの歴史ある祭りをみるために夏の京都を訪れてみてはどうだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です