Loading...

荒々しく勇ましい男達の姿にみる、江戸っ子の粋

東京の風情ある下町、浅草で江戸っ子たちが、法被を着て、威勢のよい掛け声をあげ、神輿を担ぐ。

日本の祭りの風景の代表ともいえる、勇ましい男達が繰り広げる熱く荒々しい祭り、三社祭り。

喧嘩っ早い江戸っ子が集まれば、小競り合いや怪我は避けられない、掛け声とは別に怒声も飛び交う。

そんな人で埋め尽くされ、熱気がムンムンと伝わってくる迫力ある映像に思わず手に汗握る。

時代は変わり、風景も変わり続けるが、この神輿を担ぐ、江戸っ子の熱い魂、祭りに対する姿勢に現れるような生き様、美意識は変わらずありつづけるのではないだろうか。

過去も現在も未来も神輿を担ぐ、勇ましく、粋な江戸っ子の姿が日本から消えないでほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です