Loading...

考えるよりも、踊り続ける

祭りの雰囲気が嫌いな人はいないだろう。

夏になると、電車や街中で華やかな浴衣を着た人をみかけると、今日はどこかでお祭りがあるのかなと、楽しいことを逃してしまったようで心がざわつく。

祭りは、普段意識しない日本の伝統を意識するのにも良い機会でもある。

岐阜郡上踊りは郡上八幡と呼ばれる美しい自然あふれた町で開催されるお祭りで、その期間は何と夏の2か月もの間、続くというから驚きである。

中でも注目したいのは、8月13日から16日までの4日間行われる徹夜おどり。

大人も子供も地元の人も観光客も入り混じり、一体となって徹夜で翌朝まで踊り続ける参加型のお祭り。

振り付けがわかならくも、下手でもよい。見物するのではなく、とにかく、一緒に踊り続けることに意味がある。

一人一人の生き生きとした表情が、祭りの間、この町で輝き続ける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です